〒571-0052 大阪府門真市月出町5-27

06-6901-0061ご予約はこちら

大阪 門真市 守口市 寝屋川市 大日 古川橋 交通事故治療 むち打ち 腰痛 ランナー傷害 ランナー膝 ボディケアマッサージ フットケア(角質ケア) マタニティ 産後 骨盤矯正

トップページ料金表スタッフ紹介当院案内/アクセス整体美容癒し

股関節の痛み改善整体

初回限定割引

 

求人案内

股関節の痛みについて

ランナー膝(腸脛靱帯炎)とは

股関節と骨盤が連動して身体の「土台」」になります。そのため身体を支持する多くの筋肉が股関節に連結しています。
ランニングなどのスポーツ時に大きな負担がかかることで、筋肉や靱帯の損傷が蓄積して股関節の痛みが発生することがあります。

股関節周囲の痛みは、
鼠径部・臀部・大腿部上部などが好発部位です。

 

鼠径部の痛み

恥骨結合炎・・・鼠径部、股関節の傷害で陸上選手やサッカー選手に多く発生し、女性よりも男性のほうが発生率が高く、腱付着部炎や結合炎、疲労骨折では、内転筋や腹直筋の腱がストレスを受け炎症を起こします。
特に競技レベルの高い長距離選手や、ターンの動作が多い球技の選手は、内転筋や腹直筋が拘縮し疼痛が発生します。
また、柔軟性が低下していたり、スピード練習などで負荷のレベルが高くなればなるほど付着部へのストレスが大きくなり、障害が発生しやすくなります。

寛骨関節唇損傷・・・大腿骨頭が不安定な時に関節唇を傷つけてしまうことがあります。大腿骨頭が不安定な要因としては、股関節臼蓋形成不全があげられます。これは臼蓋が骨頭を十分に覆えていない状態であり、先天性な場合と成長過程で発育が進まない後天性とがあります。女性に多く見られ、運動中に関節唇が挟まったり切れたりすることで痛みを引き起こします。

梨状筋(臀部)から下肢の痛み

梨状筋の拘縮や硬化によって、坐骨神経を圧迫し神経痛を引き起こす場合があります。ランニングなどの股関節を伸展,屈曲を繰り返す動作は、坐骨神経と梨状筋の摩擦を引き起こし疼痛が発生しますが、神経症状が腰椎の椎間板ヘルニアと同じなので、対処の前に鑑別診断が必要です。

大腿部上部の痛み

大転子滑液包炎・・・股関節の外側にある出っ張りの部分の痛みは大転子滑液包炎が考えられます。
腸脛靱帯が走る動作によって前後に移動することで、骨の突き出た部分で摩擦が起こって痛みが発生します。

股関節周囲の痛みは他にもさまざまな症状があり、慢性化しやすい傾向にありますので、痛みを感じることがあれば早期の受診をおすすめします。

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

オンライン予約

 

リンクページ

ページトップへ戻る