〒571-0052 大阪府門真市月出町5-27

06-6901-0061ご予約はこちら

大阪 門真市 守口市 寝屋川市 大日 古川橋 交通事故治療 むち打ち 腰痛 ランナー傷害 ランナー膝 ボディケアマッサージ フットケア(角質ケア) マタニティ 産後 骨盤矯正

トップページ料金表スタッフ紹介当院案内/アクセス整体美容癒し

オスグット整体(成長痛)

初回限定割引

 

求人案内

オスグット(成長痛)とは

オスグッド(正式名称=オスグッド・シュラッター病)

オスグッド1 オスグッド2

オスグッドは、陸上競技やサッカー、バスケットなどのスポーツをする思春期の男児に多くみられる症状です。膝の成長痛と呼ばれることもあります。

成長期の子どもの膝下(脛骨粗面)は、まだ軟骨部分が多く弱いので、運動などにより繰り返し脛骨粗面に負担がかかると、その部分に炎症が起こります。骨や軟骨の一部が浮いたり、はがれてしまうこともあります。

オスグッドの原因の一つにオーバーワークがあります。激しいスポーツをして、疲労が回復する前にさらに負担をかけ骨・腱・筋肉などに疲労がたまると、オスグッドなどのスポーツ障害が起こります。

走る、跳ぶ、蹴るなどの動きをする時は、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が収縮します。
この筋肉は、お皿(膝蓋骨)を介して、脛骨粗面に付着しているので、繰り返しの動作により、付着部分が引っ張られると、炎症が起こります。

治療法はまず筋・筋膜マッサージでしっかり大腿四頭筋の緊張を緩め、AKAで身体の歪みを整えることで、脛骨粗面にかかるストレスを軽減させます。

オスグッドは、成長期に起こるものなので、成長が止まるのを待つしかないと言われていますが、症状によりアイシングやテーピングを施し、脛骨粗面にかかるストレスを軽減し炎症が吸収できれば、早期回復が可能です。

成長期の子供に膝の痛みがある場合は、まずはお気軽にご相談ください。

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

オンライン予約

 

リンクページ

ページトップへ戻る